文字サイズ

野村 5回0封 4・4先発へ死角なし 開幕2カード目!竜を斬る

 1回、茂木の打球をキャッチする野村(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「オープン戦、楽天4-1広島」(15日、静岡草薙野球場)

 広島・野村祐輔投手(27)が先発し、5回4安打無失点と好投。明大の大先輩・楽天・星野球団副会長が見守る中で、上々の仕上がりを披露した。今後はオープン戦など2試合に登板し、開幕2カード目の第1戦、4月4日・中日戦(ナゴヤドーム)に向かう見込み。今季はジョンソンと先発ローテの軸を担う。鯉のエースを目指す右腕に死角はない。

 冷静沈着なマウンドさばきに余裕が漂う。1-0で迎えた三回が象徴的だった。野村は先頭の足立、田中に連打され、続く茂木のバント処理の判断を誤ってしまう。弱い打球が投手と三塁の間に転がり「三塁にいけると思ったけど、間に合わないと思って迷ってしまった」。すぐさま一塁送球したが、塁審の両手は横に広がった。

 無死満塁。ポーカーフェースを崩したのは一瞬だけだ。精神的に動揺してもおかしくない場面で、真価を発揮した。藤田を一ゴロに打ち取ると、3番・今江は投ゴロ併殺。「打たせて内野ゴロ。あの場面は狙ったところに投げられた」。寸分の狂いもなくカットボールを制球し、スコアボードに「0」を刻んだ。

 明大の大先輩、楽天・星野球団副会長が見守った一戦で、予定の5回を投げて4安打無失点。奪三振0だが無四球だ。スライダー、カットボール、シュート、カーブ、チェンジアップ。直球と多彩な変化球のコンビネーションで、内野ゴロの山を築いた。結果は文句なし。それでも、野村の自己評価は辛口だ。

 「結果はゼロに抑えられて良かったけど、内容的にはあまりよくないと思う。狙ったところに投げられなかったですし、バッターによく振られた。凡打もしっかり振られてのアウトだったので、そこを修正していきたい」

 右のエースへ、頼もしさは増すばかりだ。「さすが。レベルの高いところを目指している」。試合後、コメントを伝え聞いた緒方監督も右腕の向上心に、大きくうなずいた。

 昨季は16勝(3敗)を挙げ、最多勝、最高勝率の2冠に輝いた。今季はジョンソンと共に、先発ローテの軸を担う。今後は22日・オリックス戦(京セラ)、28日ウエスタン・ソフトバンク戦(筑後)を経て、開幕2カード目の4月4日・中日戦(ナゴヤドーム)に向かう見込みだ。

 昨季、ナゴヤドームでは2試合に投げ、0勝1敗、防御率4・09。鬼門を突破してこそ、エースの道が開ける。野村に死角は見当たらない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス