文字サイズ

「津田恒美 記念館」できる!一人息子が奔走 炎のストッパー永遠に…

 1988年、リリーフ登板した津田
 津田恒美記念館設立に向け奔走する津田大毅さん
2枚2枚

 炎のストッパー、永遠に-。広島を熱狂させた津田恒美氏(享年32)の記念館が、山口県内に設立されることが26日、分かった。長男・大毅さん(28)が「津田恒美記念館プロジェクト推進部」を立ち上げ、奔走している。かつては「津田の息子」として生きていくことに反発もあったが、今は偉大な父の功績を残そうと全力投球している。

 25年ぶりの優勝へマジックナンバーを減らす広島ナインの戦いとともに、1993年に脳腫瘍で他界した津田氏の一人息子、大毅さんが動きだしていた。8月末に勤めていた会社に辞表を提出し、9月から記念館設立の準備に入った。

 「父が亡くなって23年がたちますが、父のことを思ってお墓参りをしてくれるファンの方もいる。球場に『TSUDA』の名前が入ったユニホームを着ている人がいる。現状でやるべきことはなんだろうと考え、父を思っている方のために記念館を作ろうということになった」

 当初は空き家となっている津田氏の生家をリフォームして、来年の命日(7月20日)をめどにオープンを考えていた。しかし、父の同級生や球界関係者などに相談すると「どんどん話が大きくなった」と、記念館新設の方向で話が進んだ。

 「津田恒美記念館プロジェクト推進部」を立ち上げ、設立場所はもちろん、トロフィーやユニホームを飾る鑑賞型、津田氏の球速を肌で感じる体験型、ファンが持っている津田氏にまつわるものを飾る参加型などのコンセプトを考え、資金集めの方法も検討してきた。

 資金は賛同者から寄付を募り、返礼品を送るクラウドファンディングで集める。「『TSUDA』の名前の入った復刻版のユニホームや現在のユニホームを返礼品にできないか」と版権の問題をクリアするため、球団にも出向いた。オープン日は未定だが、クラウドファンディングは年明けにも開始する予定。現在は東京から山口に足を運び、設立場所を検討している。

 野球殿堂入りもした偉大な父を持ちながら「『君が津田の息子なんだ』と言われるのが嫌だった。自分に自信がなかったからかもしれない」と言う。だが、年齢を重ねると同時に、今年の広島の快進撃で「カープのことを見る機会が多くなり、父と向き合えるようになったのかも」と大毅さん。25年ぶりのリーグ優勝と同時に動きだした記念館設立プロジェクトは、年明けから大きく動く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス