文字サイズ

広島Vパレードにファン31万3000人 41年前を上回る

沿道の大声援に手を振る広島・緒方孝市監督(左)と広島・松田 元オーナー=広島市平和大通り(撮影・高部洋祐)
スライリーを先頭に、優勝パレードをする広島ナインら=広島市平和大通り(撮影・高部洋祐)
優勝パレードする広島ナイン=広島市平和大道り・オリエンタルホテル広島から撮影(撮影・山口登)
3枚3枚

 25年ぶりのリーグ優勝を達成した広島が5日、優勝パレードを行った。パレード実行委員会の発表によると、31万3000人のファンが集結。広島の優勝パレードは初優勝した1975年(昭和50年)以来、41年ぶり2度目で、前回の約30万人を上回る人となった。

 今季限りでの現役引退を表明し、永久欠番にもなった黒田博樹投手(41)の背番号「15」は、この日限りで見納めとなる。黒田は約3キロの行程を終え「想像以上でビックリした。こちらがありがとうという気持ち。本当に優勝してよかったなと思う」と感激の様子だ。

 選手、首脳陣がオープンカー4台と、オープンデッキのバス5台に分乗。沿道にはあふれんばかりの人、人、人。故人の遺影を掲げ、涙するファンの姿もあった。真っ赤に染まった広島の街からは、次々に「感動をありがとう」-の声が飛んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス