文字サイズ

広島がダブルスチールで先制 大谷から1点もぎ取る

 「日本シリーズ・第1戦、広島-日本ハム」(22日、マツダスタジアム)

 広島が二回、重盗で先制点を奪った。先頭の鈴木がフルカウントから四球を選んで出塁。続くエルドレッドは右飛に倒れたが、安部が一塁・中田の左を抜く右前打で続いた。一走・鈴木が一気に三進。一、三塁のチャンスをつくった。

 石原は2度のスクイズ失敗後、カウント2-2から空振り三振。だが、一走・安部が盗塁のスタートを切ると、捕手の大野が投手へ向けて返球。だが、これを大谷がよけると、送球は二遊間のカバーを遅れた二塁へ。すかさず三走の鈴木が生還した。まずは“足攻”で広島が先制点を奪った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス