文字サイズ

丸「僕らの世代が盛り上げられた」 同学年選手の活躍で勝利つかむ

お立ち台で笑顔を見せる広島・野村祐輔(左)と丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
8回広島無死、田中広輔は右越えにソロを放ち、丸佳浩(右)らナインとタッチを交わす=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 「セCSファイナルS・第2戦、広島3-0DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 広島が第1戦に続いて完封勝利し、アドバンテージを含めて3勝とし、日本シリーズ出場へ王手をかけた。打っては丸が初回の右前適時打など、2打点の活躍。投手陣は先発の野村が6回3安打無失点と好投すると、計4投手のリレーでDeNA打線を完封した。

 お立ち台に立った野村は「ファンのみなさんが声援で背中を押してくださったので、勇気を持ってマウンドに上がることができました」とファンに感謝。さらに「初回から点を取ってくれたので、自信を持ってマウンドに上がることができました」と、丸の援護にも感謝した。

 丸は初回の先制打を振り返り「前の2人、広輔(田中)、キク(菊池)がいい形でつないでくれたので、僕も何とか次につなごうという気持ちで打線に立ちました」と振り返った。2得点に絡んだ田中、菊池と、丸、野村は同学年。丸は「僕らの世代が盛り上げることができたと思います」と胸を張った。

 日本シリーズまであと1勝とした。丸は「あした、取りにいきたいと思います」と、力強く宣言。野村は「一戦一戦、変わらず…」と言ったところで言葉が続かず、丸に突っ込まれる場面も。「チーム一丸となって、広島一丸となって頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」と、ファンに呼び掛けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス