文字サイズ

広島 ルナが負傷交代、走塁で転倒

6回広島2死、遊ゴロに倒れ、一塁で転倒する広島 エクトル・ルナ(奥)=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
6回広島、ルナは遊撃ゴロに倒れた際に負傷し、胸を押さえながらベンチに下がる=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 「セCSファイナルS・第1戦、広島-DeNA」(12日、マツダスタジアム)

 広島のエクトル・ルナ内野手(36)が六回、負傷交代のアクシデントに見舞われた。

 2死走者なしの打席。遊ゴロを打つと、一塁に全力疾走した。ベースを踏む際に、一塁手ロペスの右足が接触。足で着地できずに体から倒れ込んだ。しばらく起き上がることができず、右手首を押さえるしぐさを見せ、苦悶(くもん)の表情。トレーナーに付き添われながら、ベンチへと戻った。すぐに安部との交代が告げられた。

 この日は「7番・三塁」で先発出場していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス