文字サイズ

スタメン出場の広島・倉に大声援 黒田と9年ぶりバッテリーも雨でノーゲーム

交代を告げられ、黒田(右から2人目)と握手を交わす広島・倉(手前左)=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「広島-ヤクルト」(25日、マツダスタジアム)

 広島の倉義和捕手(41)=2軍バッテリーコーチ兼任=が、「8番・捕手」でスタメン出場。大声援を贈られながら試合が始まると、黒田と2007年9月27日・ヤクルト戦(広島)以来、9年ぶりにバッテリーを組んだ。

 先頭の坂口に対してストライクが入らず、ストレートの四球で歩かせた。ここで緒方監督がグラウンドに出て、石原との交代を告げた。ベンチに戻る倉に対して、選手全員がベンチ前に出て拍手で出迎えた。超満員となったファンも大きな拍手で、19年間チームを支えたベテラン捕手をたたえた。

 試合は初回、2死二塁から、先発・黒田がバレンティンに四球を出したところで雨脚が強くなり中断。そのまま天候が回復せず、ノーゲームとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス