文字サイズ

広島鮮やか逆転勝ち 大瀬良2勝目「やっぱり最高です」

お立ち台で、鈴木誠也(左)から氷り水をかけられる広島・丸佳浩。右は大瀬良大地=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「広島6-4ヤクルト」(19日、マツダスタジアム)

 首位・広島が八回に一挙4点を奪う鮮やかな逆転勝ちで4連勝を飾った。3番手で登板し、八回の1イニングを無失点で抑えた大瀬良大地投手が2勝目を飾った。

 三塁手・安部の適時失策などで初回に3点を失った広島は2-4で迎えた八回、先頭の鈴木のソロ本塁打で1点差に迫る。その後、2人が打ち取られたが、満塁のチャンスを迎えて丸のレフトへの走者一掃の逆転二塁打で試合をひっくり返した。

 好投で逆転を呼び込み、今季初のお立ち台となった大瀬良は「やっぱり最高です」と本拠地の大声援に浸った。「いい流れで打席に立ってもらえるよう何とか自分の仕事をしたいとマウンドに向かった。(逆転シーンは)今日もやってくれると応援していました。この場にいられて幸せです」。

 右肘負傷から復活した右腕は「やっとみなさんのおかげで投げることができるようになった。残り試合は少ないですけど、チームに貢献したい。ファンのみなさんも頑張りましょう!」と呼びかけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス