文字サイズ

緒方鯉劇的すぎるコリジョンサヨナラ

 「交流戦、広島3-2西武」(14日、マツダスタジアム)

 広島がプロ野球史上初となるコリジョンルール適用でのサヨナラ勝ち。同点の九回2死一、二塁から、赤松の中前打で二走・菊池が本塁に突入。一度はアウトと判定されたが、ビデオ検証で判定が覆った。3連敗をしない強さは本物。本拠地6連戦の初戦を奪い、首位をがっちりキープした。

 ハラハラドキドキの最後に、歓喜が待っていた。杉永責任審判がコリジョンルールの適用を球場にアナウンス。殊勲打の赤松は両手を広げて外野へダッシュ。勝利を信じていた鯉党は、抱き合い喜びを表現した。プロ野球史上初となるコリジョンルール適用でのサヨナラ勝利だ。

 2-2の九回2死一、二塁。赤松に出番が来た。初球のスライダーを振り抜き、中前にはじき返した。二塁から菊池が一気に本塁へ。クロスプレーとなり一度はアウトと判定された。だが、緒方監督がベンチから飛び出して抗議。審判団が集まりビデオ検証が行われた。

 サヨナラ勝利か延長戦突入か-。刻一刻と時計の針が進む。それでもベンチで待つナインに笑顔が浮かぶ。劇的勝利を疑う者は誰一人としていなかった。赤松は「みんなに、これでアウトなら相当、持ってないと言われてました。キクも100%(セーフ)ですと言っていたし」。そして、その時が訪れた。

 今季から導入されたコリジョンルールでは、捕手が走路をふさぐことが禁止されている。中堅・秋山からの送球がやや三塁側にそれ、捕球した捕手・上本が菊池の走路に重なったことで判定が覆った。

 緒方監督も興奮を隠せない。「今までもああいうプレーを何度も見てきた。絶対にセーフだと思っていた」と力を込めた。

 守護神・中崎が九回に森に同点ソロを被弾。嫌な流れが球場全体を覆い尽くした。そんな空気を、最後は全員で振り払った。「ザキ(中崎)が打たれるときもある。打者が打てないときもある。でもお互いに助け合って、試合に勝っていけることが大きい」と赤松。チーム一丸での勝利に目尻を下げた。

 首位を走るチームは今季、一度も3連敗がない。2連敗で迎えたこの日も執念で阻止した。交流戦最後の6連戦の初戦をサヨナラ勝利で飾った。劇勝がチームにまた新たな推進力をもたらした。カープの強さは本物だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス