文字サイズ

ヘーゲンズ来日初星!ご褒美ゲッチュー

 「広島10-4DeNA」(7日、マツダスタジアム)

 結果的に大勝となった一戦で、勝利に欠かせなかった13球だ。1日の中日戦に続く2度目のお立ち台。広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手は真っ赤なスタンドを見上げながら「緊張しないようにね。うれしかったよ」と、来日初勝利に興奮を隠さなかった。

 出番は五回だ。黒田が不安定で、ベンチは序盤の交代を決断。7試合目で最も早い回からの登板となったが「準備はできていたよ」と胸を張った。1死から乙坂に死球を与えたが、梶谷をツーシームで遊直。最後はロペスを投ゴロに斬って無失点投球だ。

 心掛けているのは「チームに勢いを呼ぶ投球」。ツーシーム、カットボール、カーブが全て決め球として有効で、打者のポイントを外す。初登板となった4月22日の阪神戦(マツダ)で1失点以降、これで6試合連続無失点。今村と並んで、ジャクソン、中崎につなぐ方程式を守る。

 「結果としてゼロが続いているのは、とても喜ばしいことだね。ただ、意識し過ぎずに打者を打ち取ることを追求していきたいね」

 1回を無安打無失点。直後の攻撃で味方が2点を勝ち越し、来日初勝利が転がり込んだ。8日は母の日。「フィアンセと家族みんなと、喜びを分かち合いたいね」と笑った。交流戦終了まで6連戦が続くタイトな日程。好調助っ人がチームを救う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス