文字サイズ

新人岡田&仲尾次が好投でアピール

力投する広島ドラフト1位・岡田明丈=那覇(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「オープン戦、巨人0-6広島」(21日、沖縄セルラー)

 広島はドラフト1位・岡田明丈投手が2回を無安打無失点の好投。同6位・仲尾次オスカル投手も2安打されたが、2回無失点とルーキーがアピールした。

 四回、2番手として登板した岡田は片岡、長野、ギャレットを三者凡退に打ち取ると、五回には二塁の失策で無死一塁となった後、亀井を併殺打に抑え、2回を無失点で切り抜けた。

 後を受けた仲尾次も六回は1死から小林誠に安打を与えたものの、続く大田を併殺打とし無失点。七回も片岡を安打で塁に出したが、長野を併殺打に抑えて打者3人で切り抜けた。

 試合は二回、エルドレッドが1号ソロを放ち先制。丸が2適時打で3打点を挙げた。巨人は開幕投手最有力の菅野が3回6安打3失点。打線は5併殺と課題の残る内容だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス