文字サイズ

ドラ3高橋オレが一番!純平には負けん

 緒方監督がサインを入れたドラフト会議用のIDを手に、プロでの活躍を誓う高橋樹也
1枚拡大

 広島にドラフト3位指名された高橋樹也投手(18)=花巻東=が30日、岩手県花巻市の同校で指名あいさつを受けた。球団から先発として育成される方針を聞かされた左腕は、ソフトバンク1位指名の高橋純平投手(県岐阜商)らを超え、世代No.1に立つことを宣言。広島では待望久しい先発日本人左腕へ、気持ちを高ぶらせた。

 高橋の顔に笑みが広がっていった。指名あいさつを終え「雄星さんが目標なのは変わらないが、今度は自分が目標とされる投手になりたい。今は楽しみな気持ちです」と、目を輝かせた。花巻東の先輩・菊池雄星(現西武)に憧れ続けた左腕が、同じ舞台に立とうとしている。

 3位指名の評価を感謝しつつ、1位指名の同世代にはライバル心をむき出しにした。U-18W杯代表の同僚で、3球団競合の末、ソフトバンクに1位指名された高橋純平の名を挙げ「一緒にプレーして直球も変化球もすごかった。でも同じ学年には負けたくない。早く1軍で投げられるよう頑張りたい。(同世代で)突き抜けたい」と、言い切った。

 目指すは世代No.1。最速146キロの直球に横滑りのスライダー、チェンジアップを軸に打者を打ち取る。コースに投げ分ける制球力が持ち味。今夏は甲子園16強に貢献し、代表入りを果たした。

 担当の近藤スカウトは「高校生離れの投球術があり、試合をつくれる。先発で頑張ってほしい。広島は左の先発日本人がいないから」と期待。高橋と菊池は同じ左腕だが、「彼は雄星よりも高橋尚成タイプ。左右のコースを突いて抑える」と、今季限りで現役を引退した同じ“高橋”の元大リーガーを挙げた。

 名左腕に例えられた高橋は「光栄なことだと思います。これからも頑張っていきたい」と声を弾ませた。引退後も連日練習を続けており、U-18W杯ではロッテ3位の成田(秋田商)から教わった縦スライダーの習得に意欲を見せている。

 広島の日本人左腕による2桁勝利は、01年に高橋建が10勝(8敗)をマークして以来ない。純平、尚成、建…同じ高橋姓の同級生や先輩に刺激や影響を受けながら、今度は樹也が“グレートな高橋”の系譜に名を連ねる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス