文字サイズ

広島、ドラ1篠田、鈴木将に戦力外通告

戦力外通告を受けた篠田純平投手
3枚

 広島が26日、広島市内の球団事務所で篠田純平投手(30)、武内久士投手(27)、鈴木将光外野手(28)と、育成のダニーロ・デヘスス投手(27)の4人に、来季の契約を結ばないことを通告した。1日に河内貴哉投手ら5選手に戦力外通告。この日の第2次と合わせて、計9人が球団を去ることになった。

 篠田は2007年に大学・社会人ドラフト1巡目で入団。ルーキーイヤーの08年に3勝を挙げると、10年には自己最多6勝。12年オフに左膝半月板を手術した。今年は春季キャンプの1軍メンバーに選ばれたが、右太もも裏の張りで2軍スタート。以降、1軍昇格することはなかった。2軍では15試合の登板で4勝6敗。防御率3・98の成績に終わっていた。

 今後は未定だが、現役引退する意向。「入団してからずっと野球だけを全うして、自分の出し切れる力でやってきたつもり。すがすがしく、やり切った感じでいっぱいです」と話した。

 また、鈴木将は05年の高校生ドラフト1巡目で入団。今季は1軍出場がなかった。今後については未定。「結果を出せないのは自分。ここ2、3年は覚悟していた。10年も現役をやらせていただいた球団には感謝しています」と振り返った。武内も今後については未定。球団は来季の巻き返しを図るために、今ドラフトで7選手を獲得。ドラフト1位入団の2人が、一気に球団を去ることになった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス