文字サイズ

広島が快勝でCS進出へ望みつなぐ

阪神に勝利し、タッチをする広島ナイン=甲子園球場
2枚

 「阪神0‐6広島」(4日、甲子園球場)

 広島が快勝。2年連続2度目のCS進出へ望みをつないだ。7日の今季最終戦(中日戦)で勝てば、広島の3位、阪神の4位が確定する。

 広島は阪神先発の藤浪に対し、0‐0の四回、松山の2ラン、石原の右前2点打で4点を先制。六回には田中の2ランでリードを広げた。

 先発の黒田は八回まで無失点の好投。日本球界復帰後初の完封勝利を目指し、九回のマウンドにも上がったが、1死一、三塁のピンチを招いたところで中崎に交代した。

 中崎は今成を内角速球で見逃し三振に仕留めて2死。さらに梅野を空振り三振に斬って、得点を与えなかった。黒田は11勝目を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス