文字サイズ

広島5割復帰!巨人に迫る1・5差

最後を3人で抑え、石原とハイタッチを交わす中崎(右)=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「広島1-0巨人」(15日、マツダスタジアム)

 広島が先発・ジョンソンの好投で巨人に競り勝ち、勝率5割に復帰した。ジョンソンは8回を無失点、対巨人では23イニング連続無失点とGキラーぶりを発揮した。今季12勝目(7敗)で、巨人からは2勝目。

 二回2死一、三塁で石原の打球が巨人の遊撃・坂本のファンブルを誘い先制点を奪った。この後はジョンソンと巨人・菅野の投手戦に。ジョンソンは七回1死一塁の場面で長野を遊撃への併殺打に。八回には1死一、三塁で代打・岡本を二塁への併殺打に打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 巨人を抑えていることには「そういう数字はあまり考えていなかったけど、これからもどんどん増やしたい」。3位巨人との差を1・5ゲームに縮めたことには「近づいてきた。3位、またその上に行っているかもしれないですね」と上位浮上を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス