文字サイズ

松山の中前適時打で1点追加

 「阪神-広島」(14日、甲子園)

 広島が4点ビハインドの八回、松山の中前適時打で1点を追加した。

 1死から鈴木誠が右中間を破る二塁打で出塁。梵に代わって松山が代打で登場すると1ボールからの2球目、福原の真ん中に入る118キロカーブを狙った。

 打球が中前に落ちると、二走の鈴木誠が一気に生還。代打の切り札が反撃の一打を放った。2戦連続の完封負け、27イニング無得点で迎えた一戦。七回に菊池の左前適時打で負の流れを止めると、続く八回にも連打で得点を奪った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス