文字サイズ

野村「マジンガーZグラブ」のワケは

 マジンガーZ仕様のグラブを披露する野村(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「広島春季キャンプ」(23日、沖縄)

 広島・野村祐輔投手(25)は今キャンプで、誰よりも目立つ練習用グラブを使っている。青と緑でデザインされているのは、テレビアニメ「マジンガーZ」のロボットだ。

 きっかけは、昨年オフに契約するゼット社のグラブ工場(大阪)を訪れたときに発見した、古いキャッチャーミット。そこに付いていた、昔のゼットのロゴが目にとまった。

 「見た瞬間にマジンガーゼットの顔が思い浮かんだ。それをグラブにしたいと思った。評判はいいです」

 こだわりは作りだ。グラブの上に顔を描くのではなく、革を重ね合わせてマジンガーZの顔ができあがった。地元・岡山のデニムも使われている。練習用グラブは色使いやデザインなど選手によってさまざまだが、野村の遊び心が表現された道具だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス