今秋ドラフト上位候補の滝川二・坂井が最終調整で6回2安打1失点、7奪三振の好投に豪快な本塁打も披露

 「練習試合、滝川二7-2明石北」(6日、滝川二グラウンド)

 今春の県大会で準優勝した滝川二が、夏の大会前最後の練習試合を行った。最速149キロ右腕で今秋ドラフト上位候補に挙がる坂井陽翔投手(3年)は「4番・投手」で出場。阪神や楽天など6球団のスカウトが視察する中、投げては6回を2安打1失点、7奪三振と好投し、打っても本塁打を放つなど、存在感を示した。

 「気持ちとしては、しっかりここで最終調整して、万全な状態で投げられるようにという思いで臨みました」

 初回、三者凡退に抑えると、リズムに乗った。三回には3者連続三振に抑えるなど4回まで無安打と圧巻の投球を披露。五回に先頭に中前打を許すなど、1点を失ったが、後続を抑えて最少失点にしのいだ。

 バットでも魅せた。1点リードの四回には、先頭で打席を迎えると、左翼へソロをマーク。高校通算9号となる一発で追加点を奪った。

 視察した阪神・熊野担当スカウトは「真っすぐに力があるし、フォークもいい。投げ方も良くなっている」と評価。楽天・後関スカウト部長は「体に力がある。バッティングもいいですし、楽しみな選手」と話した。

 初戦は9日に、川西明峰と対戦する。「甲子園を目指して、一戦必勝で戦いたい」と坂井。まずはチーム一丸となり、聖地のマウンドを目指す。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス