文字サイズ

近江・山田VS明徳打線 名将・馬淵監督が絶賛「山田いいわ」スカウトも高評価

 実戦復帰マウンドで力投した近江・山田
試合前の整列でベンチ前に並ぶ明徳義塾・馬淵監督(中央)
2枚

 「練習試合、近江1-4明徳義塾」(4日、近江高グラウンド)

 今春センバツ準Vの近江が4日、同校グラウンドで明徳義塾と練習試合を行った。今秋ドラフト候補の山田陽翔投手(3年)は、右足のけいれんで緊急降板した5月28日の近畿大会準決勝・大阪桐蔭戦以来の登板となったが、5回1安打無失点と影響を感じさせない力強い投球を披露した。

 144キロを計測した直球にスライダーやフォークなどを交えた配球で四回まで無安打に抑えた。五回は先頭に中前への初安打を許したものの、後続を抑えて無失点。毎回の6奪三振をマークするなど、豪快なフォームで投げ込み不安を払しょくした。

 この日は、楽天とDeNAのスカウトが視察。楽天の愛敬アマチュアスカウトグループ・マネジャーは「気持ちが強く投げっぷりもいい。変化球もいいものを持っている。これからも注目して見ていきたい」と評価した。

 敵将も右腕の投球に目を細める。U-18W杯日本代表の監督で明徳義塾・馬淵史郎監督(66)は「やっぱり、山田いいわ。真っすぐも微妙に動くから、いい。(ノースアジア大)明桜の風間(現ソフトバンク)よりも嫌。ああいう投手も全国にはおるんだと。今日は対戦させてもらって本当に勉強になった」と話した。

 チームの日本一だけでなく、個人として日本代表入りも目標とする山田。「きょうは2つの四球を出してしまったことが納得のいかないところ。ただ抑えるだけではいけないと思うので、ここからはどんどん内容にこだわっていきたい」と勝てる投手を目指し、さらに精度を高める。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス