文字サイズ

【セ・パ順位予想】石原慶幸氏 セに抜けたチームなし投手陣で広島V

 25日にプロ野球が開幕し、阪神は京セラドーム大阪でヤクルトと対戦する。ペナントレース開幕を前に、デイリースポーツ評論家が順位を予想。昨季、阪神は12球団最多となる77勝を挙げながらも、勝率差で2位に敗れた。雪辱を果たし、17年ぶりのリーグ優勝はなるか。パ・リーグは若い力が躍動するオリックスが連覇を果たすのか。プロの眼による予想を、とくとご覧あれ。

  ◇  ◇

 広島はもちろん愛着や応援の意味もあるが、セ・リーグには飛び抜けたチームがないことに加え広島には先発4本柱が計算できる上、抑えの栗林がしっかりしていることも評価の理由。

 2番手の巨人はやはり、選手層の厚さ、経験値の高さ、そして昨年の悔しさというものもあって、相当に手ごわいと思われる。

 ヤクルトは昨年の優勝もあってマークが厳しくなる上、昨年活躍した選手はまだまだ若く、続けて結果を残せるかが未知数なだけに、連覇は簡単ではないだろう。これは、オリックスにも同じ事が言えるが、投手陣のレベルの高さにおいて、優勝争いに絡むとみた。

 日本ハムは非常に興味深いが、まだどういう野球をするのか見えない上、戦力的に少し落ちるように思える。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス