文字サイズ

【セ・パ順位予想】若生智男氏 投打とも戦力揃う阪神V オリックス連覇

 25日にプロ野球が開幕し、阪神は京セラドーム大阪でヤクルトと対戦する。ペナントレース開幕を前に、デイリースポーツ評論家が順位を予想。昨季、阪神は12球団最多となる77勝を挙げながらも、勝率差で2位に敗れた。雪辱を果たし、17年ぶりのリーグ優勝はなるか。パ・リーグは若い力が躍動するオリックスが連覇を果たすのか。プロの眼による予想を、とくとご覧あれ。

  ◇  ◇

 各球団の戦力を比較したとき、投打とも最もそろっているのが阪神。そういう意味で優勝と予想したが、条件が2つある。まずは藤浪と秋山が先発ローテに定着すること。この2人と青柳、西勇が実力通りの活躍を見せれば、他球団に付け入るスキはない。もう一つはストッパーを固定できるかどうか。新外国人が使えない場合に岩崎あたりを回すようになると、救援陣が苦しくなる。ライバルになりそうなのはヤクルトとDeNA。ただ、現状では阪神を上回るほどの戦力とは思えない。

 パ・リーグはオリックスが連覇する可能性が高いと見る。先発陣が安定しており、まだまだ伸びしろもある。日本ハムは“新庄マジック”で若手をどこまで伸ばせるかだが、今季はまだ難しいのではないだろうか。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス