文字サイズ

智弁和歌山・武元 プロ注目の“二刀流”「絶対に夏連覇」

 昨夏の甲子園王者・智弁和歌山が4日、和歌山市内の同校グラウンドで始動。最速148キロを誇り、打者としてもプロ注目の武元一輝投手(2年)は、夏の甲子園連覇を目標に掲げた。

 「絶対に夏連覇するというのを目標に練習初日を迎えました」。昨秋の和歌山大会準決勝で敗れセンバツ出場は絶望的となったが、全国で唯一挑戦権を持つ夏の連覇を狙う。

 再び頂点に立つために「数字よりも精度。150キロを超えるのも目標ですが、キレのあるボールにこだわっていきたい」と球速よりも質の高さを求めた。

 一方で高校通算14本塁打をマークするバッティングでは、フリー打撃で力強い打球を飛ばした。「高校から行きたい」とプロ入りを強く志望した武元が、偉業達成への原動力となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス