文字サイズ

巨人・中島、死球受けR・マルティネスと急接近 緊迫ムードもグータッチで“手打ち”

 9回、中島はR・マルティネスから死球を受ける(撮影・佐藤厚)
9回、中島(左)はR・マルティネス(右)から死球を受け、一触即発となる(撮影・佐藤厚
2枚

 「巨人4-5中日」(11日、東京ドーム)

 終盤に一触即発のシーンが訪れた。

 1点を追う巨人は、中日の守護神、R・マルティネスを攻め、2死二塁と同点のチャンスを作った。ここで打席にはベテラン中島。1ストライクからの2球目が死球となり、中島は怒りの表情で一塁へと向かった。

 その中島に向かって死球を与えたR・マルティネスがマウンドから歩み寄り、球場は緊迫した雰囲気に。そのまま2人が大接近したが、乱闘に発展することなくグータッチで“和解”。結局、次打者の松原が三振に倒れて試合が終わった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス