岐阜第一“二刀流”阪口3打点 阪神など6球団の前でバットで魅せた

 「高校野球岐阜大会・3回戦、岐阜第一10-0郡上」(18日、長良川球場)

 今秋ドラフト候補で“二刀流”で注目される岐阜第一の阪口楽投手(3年)がバットで魅せた。この日は登板せず「4番・右翼」で出場。3打数1安打3打点の活躍で4回戦進出に貢献した。

 第3打席までは無安打に終わるも犠飛などで2打点をマーク。そして六回1死一塁。右中間へはじき返すと一気に三塁へ。貫禄の適時三塁打に「力んで捉えられずにいたけど最後に打ててよかった」と次につながる一打に安堵(あんど)した。

 球場にはヤクルト・小川GMなど6球団9人のスカウトが集結した。阪神は和田TAと熊野スカウトが視察。担当の熊野スカウトは「スイングが速くなっている。素材がいい」と評価した。

 プロ入りに向けては「打者で勝負したい」と阪口。咋夏の独自大会で4本塁打を放って以降、注目度が一気に上がり「練習からプレッシャーをかけて取り組んでいる」と、大舞台で躍動するための準備を整えてきた。聖地、そして夢のプロ入りへ。まずは投打で活躍し岐阜の頂を目指す。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス