文字サイズ

慶大が34年ぶり日本一!ドラフト上位候補・正木が2ラン含む3安打3打点でV導く

34年ぶりの優勝を決め、スタンドに向かって走り出す正木智也(手前)ら慶大ナイン=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
福井工大を13ー2で下し、34年ぶりの優勝を決めた慶大ナイン=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
34年ぶりの優勝を決めた慶大ナイン=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「全日本大学野球選手権・決勝、慶大13-2福井工大」(13日、神宮球場)

 慶大が投打で福井工大を圧倒し、1987年以来、34年ぶり4度目の日本一に輝いた。堀井哲也監督は「本当に選手がよくやってくれたの一言に尽きる。感無量です」と喜びをかみ締めた。

 4番が仕事を全うした。初回2死一塁で、今秋ドラフト上位候補の正木智也内野手(4年・慶応)が「感触は完璧だった」と、攻撃の口火を切る豪快な2号2ランを右中間にたたき込んだ。正木は五回にも右前打、六回には右前適時打を放つなど、3安打3打点1四球と躍動。「逆方向へのホームランをずっと意識してやってきたので、この場で打ててよかった」と安どの表情を浮かべた。

 投げては、先発した増居翔太投手(3年・彦根東)が6回3安打2失点、生井惇己投手(3年・慶応)が2回無失点と好投。最後は橋本達弥投手(3年・長田)が鮮やかな3者連続三振を奪い、優勝をもぎ取った。

 大阪桐蔭でも主将を務め、日本一を経験した主将・福井章吾捕手(4年)は「ベンチ、そしてスタンドにいるメンバーみんなでつかみ取った優勝だと思う。高校でも大学でも僕自身がすごいわけじゃない。支えてくれたみんなに感謝したい」とはにかんだ。

 MVPは正木、最優秀投手賞は増居、首位打者賞は打率5・63をマークした渡辺遼人外野手が獲得。敢闘賞には、大会最多タイの11安打を放った福井工大・木村哲汰外野手が選出された。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス