文字サイズ

今秋ドラフト上位候補の西日本工大・隅田8回14Kも1球に泣く スカウトは評価

 1回を無失点に抑え、ほえる西日本工業大・隅田(撮影・高石航平)
2回上武大無死、上武大・ブライトに先制ソロを許した西日本工業大・隅田知一郎=神宮球場(撮影・高石航平)
先発で力投する西日本工業大・隅田知一郎=神宮球場(撮影・高石航平)
3枚

 「全日本大学野球選手権・1回戦、上武大1-0西日本工大」(7日、神宮球場)

 最速150キロ左腕で今秋ドラフト上位候補の西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(4年・波佐見)は1球に泣いた。2013年の優勝校・上武大を相手に8回4安打1失点と力投したが、二回の先頭で4番・ブライトに被弾。「もう少し低めに、下にいってくれれば」と悔やんだ。

 ただ、この日最速147キロの直球と多彩な変化球で三振の山を築いた。強力打線を相手に毎回の14奪三振。春のリーグ戦ではあえて封印していたスライダー、スプリットも解禁し、全国舞台で存在感を発揮した。

 完成度の高い投球はバックネット裏のスカウト陣も認めるところだ。阪神・前田スカウトは「緩急自在。変化球が一通り投げられて精度が高い。総合力、バランスもよく、勝てるピッチャー」と評価した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス