文字サイズ

元阪神の山本氏が始球式 50年前の全日本大学野球選手権V

 始球式を行う元阪神の山本和行氏(撮影・高石航平)
始球式を行う元阪神の山本和行氏=神宮球場(撮影・高石航平)
2枚

 「全日本大学野球選手権・1回戦、石巻専大-天理大」(7日、神宮球場)

 元阪神の山本和行氏が始球式を務めた。50年前の第20回大会に出場し、亜大を初優勝に導いたエースとして登場。左腕からストライク投球を披露した。

 「ちゃんと届いてストライクにいった昔を思い出しました」と安ど。出場する選手たちへ向けては、「今はどこが勝ってもおかしくない。頑張ってほしい」とエールを送った。

 山本氏は亜大から1971年度ドラフト1位で阪神に入団した。ルーキーイヤーから28試合に登板。先発、リリーフとフル回転し、通算700試合登板は昨季限りで引退した藤川球児氏に破られるまでの球団記録だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス