文字サイズ

マー君 本拠地勝利で「ただいま!」と第一声「不思議な感じがします」

お立ち台で笑顔の楽天・田中将大=楽天生命パーク宮城(撮影・金田祐二)
 NPB通算100勝目を挙げ笑顔で記念ボードを掲げる田中将(撮影・金田祐二)
 松井からNPB100勝の記念ボードを渡され笑顔の田中将(撮影・金田祐二)
3枚

 「楽天2-1西武」(24日、楽天生命パーク宮城)

 楽天・田中将大投手(32)が6回3安打1失点で日本球界復帰後初勝利を挙げた。プロ野球史上2位タイの登板数でNPB通算100勝も達成。NPBでの勝利は2013年10月8日・オリックス戦(Kスタ宮城)以来となった。

 ヒーローインタビューでは「ただいま!」と第一声を発し、照れ笑い。本拠地の光景を見渡し、「なんか不思議な感じがします。でも、ものすごく嬉しいです」とはにかんだ。

 開幕直前にけがで登板を回避。「開幕前にけがした時は驚いて『なんで今なんや』と思ったが、また戻ってこられてよかった」と安ど。「間がだいぶ空いていたのであまり実感はないが勝つことができて、また皆さんと勝利を分かち合えてよかった」と語ると、本拠地から拍手が響いた。

 この日は高めに浮いた直球を痛打された前回登板とは打って変わり、初回から低めを丁寧について行くピッチングを見せた。2点リードの三回無死二塁から呉に右前適時打を浴び、1点差に詰め寄られたが、追加点は許さず、68球で降板となった。

 直球のスピードは前回登板では154キロをマークしたが、この日は148キロ。多彩な変化球を駆使する“らしい”ピッチングで西武打線を封じた。

 右腕は降板後「粘り強く投げられてよかったです」とコメント。試合後は抑えの松井から記念ボードを受け取り、笑みを浮かべた。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス