文字サイズ

「いい形をすべてぶち壊した」 オリ・中嶋監督が同点弾浴びたバッテリーを糾弾

 ロッテ・安田尚憲に同点3ランを浴びた8回を投げ終え、肩を落とすオリックス・漆原大晟=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
 8回、ロッテ・安田尚憲(右)に同点3ランを浴びるオリックス・漆原大晟=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
 9回、山足達也の代打に大下誠一郎を送るオリックス・中嶋聡監督=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「オリックス3-3ロッテ」(16日、京セラドーム大阪)

 楽勝ムードは、わずか1イニングももたなかった。オリックスは、今季未勝利の山岡が7回を5安打無失点と抜群の投球。

 これに呼応するかのように、二回には杉本の2号ソロで先制。その後、追加点がなかなか奪えなかったが七回、ようやく2死一、二塁から、吉田正、中川圭という3、4番の連続タイムリーでロッテを突き放した。

 エース格の踏ん張りと、中軸打線による得点、となれば完全な勝ちパターンだったが八回、2番手でマウンドに上がった漆原が誤算だった。

 先頭・荻野に二塁打、1死から中村奨に四球と、ムードが怪しくなったところで、安田に初球、変化球が甘く入ってしまい、痛恨の同点3ランを被弾。

 さすがに中嶋監督も怒りを押し殺すことができなかった。山岡が「完璧じゃないですか」(中嶋監督)というピッチングを見せ、七回までに打線も3点を奪った。

 その「いい形をすべてぶち壊した」と、バッテリーを糾弾。初球被弾で引き分けに終わり「不注意。負けに等しい」と最後まで口調は厳しかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス