文字サイズ

楽天・新人7選手が被災地訪問 ドラ1早川「経験したからこそ思いを胸に戦う」

 楽天の育成を含む新人選手7人が21日、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区を訪れた。ドラフト1位・早川隆久投手(22)=早大=は、被災者の一人として東北のために戦う覚悟を決めていた。

 「自分も経験をしたからこそ、被災地の方々の思いがわかる。そういうことを胸に秘めながら戦いたい」と早川。当時、太平洋沿岸部に位置する千葉県横芝光町の実家が津波被害を受け、自らは避難所で一夜を明かした経験がある。

 この日は宮城県名取市の震災復興伝承館、震災メモリアル公園を訪問。今年は震災から10年という節目でもあり「自分が東北に来て、もう一度優勝するという使命を持って、勇気や元気を与えられたらと思いました」と決意を口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス