文字サイズ

今秋ドラフト候補の国学院大・福永 今年のテーマは送球の安定性、昨季の反省生かす

 東都大学野球リーグの国学院大は17日、横浜市内の同校グラウンドで始動した。

 今秋ドラフト候補の福永奨捕手(3年・横浜)は打撃練習など精力的に調整。遠投100メートルと強肩を誇るが、昨秋リーグ戦では「とことん盗塁されて(自分の)武器をつぶしてしまった」と反省し、今年は送球の安定性をテーマに掲げた。年末年始には母校・横浜で楽天・涌井ら、大学でもヤクルト・清水の自主トレを目撃。「もっとやらなければ」と刺激を受け、目標のプロ入りへ気持ちを新たにした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス