文字サイズ

菅野 巨人残留、日本一奪回へ全力 原監督「最高の形」 来オフ移籍に含みも

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していた巨人・菅野智之投手(31)の残留が8日、決まった。巨人は同日、交渉期限を前に交渉を打ち切り巨人でプレーすることを決意したと連絡があったことを発表。絶対的エースは周囲への感謝の思いを口にし、日本一奪回を目指すと力強く誓った。

 大きな決断を下した。ポスティングシステムを利用し、去就が注目を集めていた中、菅野が巨人残留を決意した。

 巨人によると交渉期限の米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)を前に交渉を打ち切り、巨人でプレーすることを決意したと連絡があったという。菅野は巨人の契約保留選手として公示されており今後、早期に選手契約を締結する方針だ。

 絶対的エースの残留は、リーグ3連覇と悲願の日本一を目指すチームにとって“朗報”だ。原監督は「巨人軍のエース、大黒柱」とし「一緒に戦えることをうれしく頼もしく感じています。今季、戦う上で坂本(勇)、菅野は中心選手です。先頭に立ってチームを引っ張ってもらいます」とゲキを飛ばした。伯父とおいの間柄であり「監督としては最高の形になりました」と語った。

 今オフ、大きな夢に向かってアクションを起こした菅野。メジャー複数球団が移籍先として候補に挙がったが合意に至らなかった。1日の渡米後、新型コロナウイルスの影響が深刻化する中、大リーグの今季の動向などを見極めた結果、「今季も読売巨人軍でプレーしようという結論に至りました」と心境を明かした。

 右腕はメジャー球団や関係者に対し「深く感謝を申し上げます」と語った。「1年浪人して入団した経緯や私の思いを尊重し、ポスティング申請を認めていただいた」と巨人に感謝の思いも口にした。

 順調なら今季中に海外FA権を取得できるが、来オフの去就については「今シーズン後に改めて自分の夢、将来を考えたいと思っています」と含みを持たせた。当然、今季もチームと同じ方向を向く。「リーグ優勝と日本一奪還に向けて全力を尽くします」と力強く誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス