文字サイズ

ヤクルト・村上が3年目、20歳で初のベストナイン「さらに精進して」

 セ・パ両リーグのベストナインが16日、発表され、一塁手部門でヤクルトの村上宗隆内野手(20)がプロ3年目で初受賞した。20歳シーズンでの同賞受賞は野手最年少タイ。

 村上は球団を通して、「ベストナインを初めて受賞することができて、光栄ですし、うれしく思います。他のポジションには偉大な先輩方が受賞されていますので、さらに精進して、来年も受賞できるように、そして追いつけるように頑張りたいと思います」とコメントした。

 村上は今季全試合で4番を務め、打率・307、28本塁打、86打点を記録。最高出塁のタイトルも獲得し、記録尽くしの一年になった。また今季はチーム事情に合わせ、一塁では71試合、三塁では49試合に先発出場。来季は守備位置を一塁に固定し、さらなる成長を目指していく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス