文字サイズ

日本ハム・大田 日本シリーズTV観戦で実感「足元を見つめ直さないと…」

 日本ハムの大田泰示外野手が22日、千葉・鎌ケ谷で秋季練習に参加し、連日のフリー打撃などで汗を流した。

 21日の日本シリーズ第一戦をテレビ観戦し、ソフトバンクの強さを改めて実感したという大田は来季に向け、「まずは自分たちの足元を見つめ直さないとと思っている。自分たちの長所、短所、足りないものを補っていかないといけない。そこでようやく立ち向かえる相手だと思う」と表情を引き締めた。

 巻き返しの足がかりとなるのは、勝ちへの執着だ。「自分のミスで負けた。そういう風にみんなが思わないとチームは強くならない」。悔しさを忘れずに、ミスを成長につなげる姿勢が大事だと指摘する。

 「執念というか何とか生き残ろうというものは持ってやってきた」と巨人時代から自らのプロ野球人生を支えてきたきたのはハングリー精神だった。「勝負ごとに笑いはね、あってもいいと思うけど、負けていて笑いはやっぱりダメ。勝負ごとは真剣にならないと勝てない」と念を押していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス