文字サイズ

日本ハム大逆転 九回清宮が起死回生3点二塁打 十回大田が決勝三塁打

9回、同点打を放った後代走を送られ、ナインとエアタッチを交わす日本ハム・清宮幸太郎(中央右)=撮影・高部洋祐
2枚

 「オリックス5-6日本ハム」(26日、京セラドーム大阪)

 日本ハムが大逆転で延長戦を制した。

 4-4で迎えた延長十回、オリックス6番手の山田に2死無走者とされたが、渡辺が左前打で出塁。続く大田が右翼にポトリと落とす適時三塁打で勝ち越し。さらに鶴岡の左前適時打で計2点を奪った。

 起死回生の一打は清宮が放った。3点を追う九回、オリックス守護神・ディクソンから王の安打と2四球で1死満塁の好機をつかんだ。代打で打席に立った清宮は、2ボール1ストライクからの外角低めのナックルカーブを捉え、左中間に運ぶ走者一掃の同点二塁打を放った。

 九回に登板した宮西は内野安打と2四球で1死満塁としサヨナラのピンチを招いたが、若月を空振り三振、宜保を見逃し三振に仕留めて脱した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス