文字サイズ

巨人-広島戦で球審がカウント間違える 試合約2分半の中断

 「巨人5-4広島」(22日、東京ドーム)

 本田球審がカウントを間違えるハプニングがあった。

 二回1死。松山が2-2からの5球目をファウルした後、指でネット裏の職員にスコアボードを3-2に訂正するよう伝えた。だが、捕手の大城が抗議するなどして試合は約2分半、中断。結局2-2から再開され、松山はファウルとボールを挟んだ“フルカウント”から遊ゴロに倒れた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス