文字サイズ

DeNAオースティン復調弾 得意本拠地でスランプ脱出の22打席ぶり快音

 「DeNA6-0巨人」(18日、横浜スタジアム)

 沈黙していた助っ人が目を覚まし、今季の巨人戦本拠地初勝利につなげた。2点リードの三回無死二、三塁。DeNAのタイラー・オースティン外野手(29)が戸郷の高めスライダーを強振。舞い上がった打球は風にも乗り右中間席で弾んだ。「早い段階で追加点を奪うことができてうれしい」。22打席ぶりの安打が貴重な6号3ランとなった。

 脳振とうからの復帰初戦、12日・中日戦の第1打席で一発を放ってから当たりが止まった。翌13日に2番に入ってから前夜までの4試合は15打数無安打。スランプを受け、ラミレス監督は「彼は横浜スタジアムだと数字を出している」と3番で送り出した。

 用兵は的中し、「3番に変えるタイミングはベストだった」と指揮官。首位相手に一矢報い「非常に大きい。流れを止めるわけにはいかない」と次戦を見据えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス