文字サイズ

ヤクルト・歳内が1603日ぶり1軍マウンド 粘りの投球で5回8安打2失点 逆転許し降板

汗を飛ばして力投するヤクルト・歳内=神宮球場(撮影・高石航平)
1回、佐野(左)に力強いボールを投げ込む歳内(撮影・高石航平)
5回を投げ終え、ベンチで高津監督(中央右)とタッチするヤクルト・歳内(左)=神宮球場(撮影・高石航平)
3枚

 「ヤクルト-DeNA」(16日、神宮球場)

 ヤクルトは歳内宏明投手(27)が先発。阪神在籍時の2016年4月27日の巨人戦以来、1603日ぶりの1軍マウンド。走者を許しながら粘りの投球を披露したが、1点リードの五回、逆転を許しての降板となった。5回8安打2失点だった。

 初回は安打と四球で1死一、二塁のピンチを招いたが、佐野の左翼へのライナーを青木が好捕。二塁に転送されて併殺で切り抜けた。二回は無死から宮崎に二塁打を打たれたが、後続を断った。四回まで毎回安打を許しながら、0を並べた。

 四回裏に村上のソロで先制。だが勝利投手の権利がかかった五回だった。1死から上茶谷の左前打、戸柱の左翼線二塁打で1死二、三塁とされ、梶谷の中前適時打で同点。さらに一、三塁からオースティンの中犠飛で勝ち越しを許した。

 歳内は、11年ドラフト2位で阪神に入団。度重なるケガに泣き、昨季で阪神を戦力外になった。阪神時代の成績は2勝4敗、防御率4・15だった。今季は四国IL・香川でプレー。9試合で5勝0敗、防御率0・42の成績を残し、6日に投手陣の補強を目指していたヤクルト入りした。

 阪神時代に課題だった制球面を克服。香川では「球速よりもコントロールを課題にやってきた」と明かす。先発にも挑戦し、「先発で使ってもらって、力の抜き方だったり、たくさん勉強できた」と成長を実感してのNPB復帰だった。

 9日のイースタン・DeNA戦では6回3安打無失点、5奪三振。高津監督も「苦労した分、成長していると思う。自分でつかんだチャンスを生かしてもらいたい」と期待していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス