文字サイズ

福岡大大濠・山下“令和の江川”だ!直球とカーブだけで打者5人3K

 「プロ志望高校生合同練習会」(30日、甲子園球場)

 雨の影響により途中で室内練習場に変更された中、最速153キロ右腕・福岡大大濠の山下舜平大投手(3年)が、シート打撃で150キロを記録するなど打者5人に1安打1四球3三振の投球でアピールした。「昭和の怪物」と称された元巨人の江川卓氏(65)のように、直球とカーブだけの投球スタイルで、NPB96人のスカウト陣の視線をくぎ付けにした。なお、東日本の選手を対象とした練習会は9月5、6日に東京ドームで開催される。

 全国の舞台の経験こそないものの「令和の怪物」となり得る将来性を示した。参加32人の投手で唯一の150キロを記録。山下は「甲子園球場は初めて来たので、入った瞬間とても感動してマウンドから見た景色も感動しました」と充実の18球を振り返った。

 NPB入りを目指す選手を相手に、球種は直球と球速に差を付ける2種類のカーブだけ。「今の自分の調子よりは少しいい投球ができたかなと思います」。先頭への3球目で150キロを記録すると最後はカーブで空振り三振。2人目は149キロで空振り三振を奪い、四球を挟んで迎えた4人目をカーブで見逃し三振に封じた。

 「(球種は)2つだけ。高校に入ってすぐに監督の方から『カーブだけを投げろ』と言われて」と山下。最後は補助で参加した同志社大・杉森に左翼への二塁打を許したが、直球とカーブだけのスタイルは「昭和の怪物」の江川卓氏をほうふつさせるものだった。

 阪神・畑山統括スカウトは「上位候補、1位候補に値するぐらいの形は見せてくれた。素晴らしい素材であるというのを再確認できました」と絶賛。山下は進路をプロ一本に絞っており「スピードはもっともっと伸ばしていきたいなと思っています」ときっぱり。ドラフトに向け、さらに注目を集めることになりそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス