文字サイズ

日本ハム・渡辺 “直球破壊王子”160キロ打ちで大逆転!!

 「日本ハム7-6西武」(8日、札幌ドーム)

 剛球を打ち砕いた背番号23は、高らかに右拳を突き上げた。日本ハム先発の有原が5回6失点で降板し、敗戦ムードが漂った七回。打者一巡の大逆転ドラマを渡辺が締めくくった。

 2死一塁から杉谷、近藤、中田の3連打で3点を返し1点差。大田と横尾もつなぎ再び満塁の好機を築いた。

 「本当に人生で一番速いボールだった」

 マウンドには160キロ台を連発する怪腕・ギャレット。バットに辛うじて当てながらしのぎ、迎えた9球目。甘いコースの160キロをコンパクトに振り抜いた。打球は右前で弾み、逆転の走者が生還。全球直球勝負に打ち勝った。

 ファンの間では“直球破壊王子”の愛称で親しまれている渡辺。二回の3号2ランも松本の143キロ直球だったが、「王子じゃないし、真っすぐが来なくなっちゃう」と照れ笑いを浮かべた。

 栗山監督は「豪快さと緻密さを両方持っているナベ(渡辺)らしさが出ていた」と絶賛。チームは6月21日以来の貯金生活が再スタート。優勝争いへの道が開けてきた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス