文字サイズ

ドラフト候補の健大高崎・下が不慣れな救援に苦戦も…バックネット裏の評価揺るがず

 「高校野球群馬大会・準決勝、高崎健康福祉大高崎11-9前橋育英」(8日、桐生球場)

 今秋ドラフト候補左腕の高崎健康福祉大高崎・下慎之介投手(3年)が不慣れな救援登板で5回5失点と苦戦した。「終盤に粘り切れなかった」と、八回に3四死球が響いて併殺崩れで1失点。続く九回も4安打を浴びて4失点と、昨秋の群馬大会準決勝で敗れたライバル・前橋育英の意地に冷や汗をかいた。

 ただ、4番手として五回から登板し、七回までは直球とスライダーを厳しいコースに投げ分け、危なげない投球を視察した阪神など4球団スカウトに披露した。投げるたびに雄たけびを上げる場面が目立ち、気迫も十分。ロッテ・榎チーフスカウトは「スライダーのキレがよくなった」と昨秋からの成長を評価した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス