文字サイズ

巨人・原監督「それだって、一つの作戦」増田大の投手起用を説明

マウンドに上がった巨人・増田大輝はナインに迎えられる=甲子園(撮影・山口登)
8回、阪神打線を相手に好投した巨人・増田大輝=甲子園(撮影・田中太一)
巨人・増田大輝の前に二ゴロに倒れる阪神・近本=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神11-0巨人」(6日、甲子園球場)

 11点差をつけられた八回1死から内野手登録の増田大を6番手登板させた巨人・原監督が采配の意図を説明した。

 「チーム最善策ですね」とし、「まあ、やっぱり、6連戦という、連戦連戦、連戦の中でね。あそこをフォローアップする投手というのはいないですね。それだって、一つの作戦だから」と、語った。

 残っていた野手の中で増田大を選んだ理由については、「ピッチングコーチが彼を選んだということですよ」とした。

 増田大が登板したタイミングで巨人の救援陣は抑えの中川や、今季15試合に登板して5ホールドの鍵谷らが残っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス