文字サイズ

苫小牧中央・根本 完封!無名校で成長の146キロ左腕 10球団スカウトを釘付け

 「高校野球南北海道大会・室蘭地区Aブロック準決勝、苫小牧中央5-0北海道栄」(24日、とましんスタジアム)

 北の大地に甲子園出場経験のない無名校で成長を遂げた逸材が、プロ入りへアピールに成功した。今秋ドラフト候補で最速146キロ左腕の苫小牧中央・根本悠楓(はるか)投手(3年)が今夏の南北海道大会で初先発し、散発5安打の8奪三振で9回完封。阪神など10球団のスカウトの前で快投を披露した。兵庫大会では明石商・中森俊介投手(3年)が初戦に先発し、3回を被安打0、奪三振7と貫禄の投球を見せた。

 近年では珍しいワインドアップから繰り出される、しなやかな腕の振りに目を奪われる。根本は「万全ではなかった」という状態の中、甲子園春夏通算5度の出場を誇る実力校・北海道栄をシャットアウト。与四球も1と抜群の制球力でテンポ良く投げ切った。

 「ピッチャーは調子が悪いときに、いかに抑えられるか、相手チームを抑えられるかというところ」とゲームを支配した。イニングごとに直球主体、変化球主体と変幻自在。相手打者に的を絞らせなかった。

 二回2死から6番打者を空振り三振に仕留めた直球が球場表示で150キロを計測したが、「誤計測かもしれない」と納得しなかった。自己最速にあと1キロに迫る145キロをマークしながら、むしろ球の走りには満足せず。正真正銘の大台到達への期待感は高まってくる。

 バックネット裏からはNPBスカウトの熱視線が注がれた。阪神・葛西スカウトは「投球フォームがいい。左腕で肘の使い方がうまいピッチャーはあまりいない」と評価。2人態勢で視察した巨人・榑松スカウト部次長は「高校生の中でも完成度が高い。うちの田口のようなタイプ」と称えた。

 中学時代から逸材の片りんを示してきた左腕だ。白翔中3年夏に全国中学軟式野球大会では史上初となる決勝で完全試合を達成しての優勝。軟式の侍ジャパンU15代表にも選出され、アジア選手権で最優秀投手として表彰された。

 輝かしい実績を引っ提げながら、地元の無名校でレベルアップする道を選んだ。あれから3年。再びドラフト候補として脚光を浴びている。「注目されるということは自分からしたらありがたい」。虎視眈々(たんたん)と、目標の高卒でのプロ入りを狙っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス