文字サイズ

DeNA・大貫 七回2死からノーノー逃す 西浦に右前打許す

 「DeNA-ヤクルト」(23日、横浜スタジアム)

 ノーノーを続けていたDeNA・大貫晋一投手が、七回2死から西浦に右前打を許し、大記録を逃した。

 大貫は初回に2三振を奪い、三回に味方の失策で走者を背負うも2死一塁から坂口を二ゴロに仕留めた。四回は先頭の上田に四球を与え1死後に村上も歩かせたが、5番西浦を三ゴロ併殺に仕留めた。五、六回と三者凡退で切り抜け、七回も2死までこぎつけたが、西浦に右前打された。しかし、後続を仕留め七回まで1安打無失点と完璧な投球を披露している。

 DeNA打線は初回に佐野、柴田、戸柱の3本の適時打で3点を先制した。六回には女房役の戸柱が右翼席へ2号ソロを放ち大貫を援護した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス