文字サイズ

元ロッテ・ジャクソン、大麻所持容疑で逮捕 7日の西武戦登板後に家宅捜索

 元ロッテ投手で、広島在籍時代はリーグ優勝に貢献したジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)が10日、大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を自宅に所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで広島県警に逮捕された。

 同県警は7日に千葉市内のジャクソン容疑者の自宅を捜索。動揺した本人からの要請もあり、ロッテの松本尚樹球団本部長も現場に立ち会った。球団は8日に本人から退団の申し出を受け、9日に契約解除を発表。家宅捜索は西武戦登板後だったという。

 松本球団本部長は「本人は大変反省していたが、現実を見ないといけない。ファンの皆さまに多大なご迷惑をお掛けして本当に申し訳ない。非常に責任を感じてます」と厳しい表情を浮かべた。球団は首脳陣、選手、スタッフを対象に10日から薬物使用を調べる尿検査を実施する予定で、外国人選手には法令順守に関する講習を検討している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス