文字サイズ

巨人・メルセデス 六回途中1失点の力投で初勝利の権利

 「巨人-DeNA」(1日、東京ドーム)

 巨人の先発・メルセデスが六回途中7安打1失点と奮闘。今季初勝利の権利を手にして降板した。

 DeNA打線に安打を許しながらも要所で粘った。二回には2安打を浴びるも無失点に。四回1死二、三塁では原監督がロペスを申告敬遠で歩かせ満塁とすると、伊藤光を内角直球で空振り三振。8番・投手の桜井を遊ゴロに抑え無失点で切り抜けた。

 3-0の五回に大和に一発を浴び、六回2死一、二塁とピンチが拡大したところで降板。バトンを受けた2番手・鍵谷が大和を見逃し三振に斬り、この回も「0」が刻まれた。

 「横浜打線は良い打線で、警戒するバッターも多いが、とにかく自分の力をだしていくことだけを考えている」と話していたが、力投でゲームメークした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス