文字サイズ

五回まで両チームノーヒット…オリックス・吉田正が均衡破る1号先制2ラン

西武の強力打線相手に好投するオリックス・鈴木優=メットライフドーム(撮影・園田高夫)
2枚

 「西武-オリックス」(1日、メットライフドーム)

 両軍無得点、無安打で迎えた六回、オリックスは先頭の安達が10球粘って四球を選ぶと、続く吉田正は今井の140キロ変化球を捉え右中間スタンドに運ぶ1号2ランで先制した。

 「低めの変化球をうまく拾うことができました!(鈴木)優が頑張って投げてくれていましたし、安達さんが粘って出塁してくれたので、なんとか先制点になってくれてよかったです!」

 さらにジョーンズが右中間二塁打。1死三塁でロドリゲスが適時打でかえす場面もあり、先発の鈴木を強力に援護した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス