文字サイズ

岡田氏 阪神は救援陣で貯金作れ!焦点は外国人起用法 総合力高いDeNAとV争い

 近づく開幕。今季はコロナ禍の影響で、当面は無観客での開催となるが、当初予定より3カ月遅れで始まる本番に胸は躍る。毎年恒例のデイリースポーツ評論家陣による順位予想。阪神は15年ぶりのリーグチャンピオンになれるのか。パ・リーグは西武が3連覇するのか。岡田彰布氏の眼が見定めた優勝チームは…。

  ◇  ◇

 【岡田彰布氏】

 今年のDeNAは筒香が抜けたとはいえ、新たにオースティンが加わった。この選手は打つと思うし、投打のバランスを考えても総合力は高い。2位に阪神を予想したが、優勝争いはこの2チームになると予想される。

 その理由は投手陣だ。昨季優勝の巨人、そして広島は投手力に不安が残る。ヤクルト、中日はその2チームと比べて総合力が落ちる。だが上位4チームに関しては混戦になると思われ、その中で阪神が抜け出すためには、やはり外国人の起用法が焦点になる。

 現状で日本選手の野手と外国人野手、日本選手の投手と外国人投手を比較した場合、投手の方が力の差が大きい。14日までの練習試合を見る限り、ガルシアとスアレスは絶対に欠かせない。

 さらにブルペン陣のメンバーを考えると、エドワーズとスアレスの2枚は常時、置いておきたい。先発も登録&抹消を繰り返してと言うが、過去の例を見てもそれがうまくいったケースは少ない。外国人登録枠が5人で確定した場合、おそらく野手2人、投手3人でスタートするだろう。だが今季の戦い方やチームの戦力を考えた場合、野手1人、投手4人でもいい。

 特例でベンチ入りメンバーが拡充され、延長も十回で打ち切りになるとすれば、どれだけリリーフをつぎ込んでいけるかが戦うポイントになる。仮に先発投手陣で貯金を作れなくても、チームとして救援陣で貯金を作ればいい。例年とは戦略が変わるというのを念頭に置くべきだ。

 だから外国人の使い方で戦力はプラス5にもなるし、マイナス5にもなりえる。その差は10。いかにうまく外国人選手を使うかが、阪神が優勝争いできるカギを握るだろう。

 パ・リーグで言えばソフトバンクが総合力では一番。ただ、楽天も戦力が整っているし、どの球団も侮れない。セとパで共通して言えることだが、試合数が少ないだけに、スタートダッシュの成否が順位を左右しそうだ。

 ◆順位予想

 セ・リーグ

 1位 DeNA

 2位 阪神

 3位 巨人

 4位 広島

 5位 ヤクルト

 6位 中日

 パ・リーグ

 1位 ソフトバンク

 2位 楽天

 3位 ロッテ

 4位 西武

 5位 オリックス

 6位 日本ハム

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス