文字サイズ

巨人 坂本と大城の新型コロナ陽性を発表 抗体検査で陽性も時間経過か

巨人・坂本(左)と大城
3枚

 巨人は3日、坂本勇人内野手(31)、大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスの感染有無を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。同日、14時から東京ドームで開始予定だった西武との練習試合は中止となっていた。

 球団によると、5月29日~31日にかけて希望者218名を対象に行った抗体検査で判明。コロナウイルスの遺伝子量は微量で回復を示す抗体もあり、回復からすでに時間がたっているとみられるという。このため、ふたりは入院したが、管轄の保健所の指導に従い、PCR検査で陰性が確認でき次第、早期にチーム合流を目指すという。

 プロ野球は19日のシーズン開幕を見据え、前日2日に自粛していた練習試合を解禁したばかり。前日は9-7で西武が勝利したが、両選手はともにスタメン出場していた。坂本は4番・遊撃で2打点。大城は7番・捕手で菅野とバッテリーを組み、適時打も放っていた。

 プロ野球選手への感染は3月下旬に阪神・藤浪ら3選手が確認されて以来となる。12球団は開幕に向けて、感染対策や感染者が出た場合などのガイドラインを作成。今後は専門家の意見を聞きながら協議していくことになるが、開幕への影響が懸念される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス