文字サイズ

阪神の西勇輝「開幕投手の責任」球団施設で自主練習

 阪神のエース西勇輝投手が20日、オンラインで取材に応じ、先行きが不透明な中で続く調整に「開幕投手という責任もある。いつ開幕しても大丈夫なように、準備することしか頭にない。開幕してくれ、と思いながら待っています」と意気込みを口にした。

 甲子園球場の室内練習場でキャッチボールやダッシュなどで約2時間、体を動かした。チームの活動休止中も「野球から離れないようにやっていた」と言い、人通りがほとんどない早朝にランニングを行うなどして体力維持に努め、自宅では過去の映像を見て改善点を探った。球団施設での自主練習が再開した15日以降は投球練習に取り組むなど強度を上げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス